振袖のレンタルで自分を美しく~振袖レンタルランキング~

TOP > 振袖のレンタル > レンタルした振袖が汚れたらどうなるか

レンタルした振袖が汚れたらどうなるか

衣類を着用する時には、汚れが気になる事もしばしばあります。
衣類に汚れが付いてしまうと、色々困るからです。
ところで振袖をレンタルする女性の方々も、それを気にしている事があります。
例えばある時に、ある会社からその衣類を借りたとします。
ところが、うっかりと何かをこぼしてしまう可能性もある訳です。
時にはジュースなどをこぼしてしまう事も、大いにあり得ます。
問題は、それによる料金負担です。
借りた衣装を汚してしまった訳ですから、別途でお金を支払うのではないかと心配な方々も目立ちます。
しかし振り袖の場合は、その心配が無用な事も多いです。
というのもこの衣装を借りる時には、汚れに関する保証が採用されているケースが多いからです。
ジュースをこぼしたからと言って、クリーニング代などは請求されない業者が目立ちます。
ちなみに雨水などで汚れた時なども、基本的にはクリーニング代は発生しません。



レンタルをする振袖の試着は可能なのか

衣類を選ぶ時には、よく試着が行われています。
自分の体型に合致するかどうかも確認する必要がありますし、そもそも自分に似合っているかどうかも確認したいからです。
ところで振袖のレンタルにも、同じニーズが生じる事はあります。
イベントなどでそれを着用したい時には、できるだけ自分に似合った衣装が望ましいですから、試着したいと望む女性も多いです。
着用が可能であるか否かは、業者次第です。
いわゆるWEBの通販タイプの業者ですと、やや難しい場合があります。
郵送をする都合上、試着はなかなか難しいシステムになるからです。
逆に実店舗がある業者でしたら、もちろんお店で試着をする事はできます。
ですから試着が可能であるか否かは、システム次第とは言えます。
しかし通販スタイルの業者も、たまに例外的なパターンはあります。
ショールームを完備している業者でしたら、試着可能だからです。



振袖をレンタルする流れはどうなるのか

振袖のレンタル業者によっては、通販スタイルを採用しています。
それは数段階の手続きが必要ですが、流れは次の通りです。
まず第1段階は、業者に対する連絡です。
WEBや電話などで、まずは連絡を取る事になります。
第2段階は、業者からの書類発行です。
予約を確かに受け付けたという旨を通知する書類が、業者から届くことになる訳です。
ですから書類が発行された時点で、予約は完了した事になります。
第3段階は、依頼した振り袖の発送と到着です。
担当の会社から衣類が郵便で送られてきますから、それを受け取る事になります。
ちなみに着用希望の数日前には、それが到着します。
第4段階は、その衣類の着用です。
そして第5段階は、担当業者に対する返送手続きです。
なお借りた振袖は、基本的にはクリーニングを行う必要はありません。
そのままの発送で構わない訳です。

ページトップへ