振袖のレンタルで自分を美しく~振袖レンタルランキング~

TOP > 振袖のレンタル > 振袖のレンタル、自分のものではないからこそ

振袖のレンタル、自分のものではないからこそ

成人式のためだけに振袖を購入するのはもったいないと考えるのは、ごく当たり前のことです。
二十歳前後と言えば、まだまだこれからお金もかかる時期です。
衣装の購入資金にあてるよりも、レンタルで済ませ、現金はとっておくのが賢い方法です。
振袖をレンタルする方は、現代においてはごく一般的です。
しかし借りたものは自分のものではありません。
だからこそ注意するべきポイントもあります。
それは「もしも汚してしまった場合には、どうしたら良いのか」ということです。
特に成人式や、雨や雪で天候が不安定なことも多いです。
会場でジュースなどを口にすれば、汚れのリスクもアップします。
事前に「もし汚してしまったときは、どうするべきなのか」を確認しておきましょう。
またショップによっては、「万が一汚してしまっても安心」というメンテナンスパックを用意しているケースもあります。
この場合、後から料金を請求されることもないので安心です。



振袖のレンタルは、こんな方におすすめです

成人式などで振袖を準備することになったとき、「購入」か「レンタル」かで悩む方は多くいらっしゃいます。
当然価格が高いのは、購入した場合です。
しかし振袖自体は自分の所有物になるわけですから、その後好きなときにいつでも着ることができます。
一方レンタルでは、予定していた期間が終了すれば、全て返却する必要があります。
購入する場合と比較すると、何も手元に残らない分「割高だ」と感じる方もいるでしょう。
ではいったい、どのようなタイプの人にレンタルという形がオススメなのでしょうか。
それは、これから先の振袖を着用する機会の回数で決定されます。
もし、下に姉妹や親せきがいて、おさがりできる予定があるなら、購入した方が有利です。
また普段から日常的に和服を楽しんでいる家庭でも、購入した方が良いでしょう。
もしこれらの項目に当てはまらないなら、せっかく購入しても宝の持ち腐れになってしまいます。
借りることを検討してみてください。



なぜ夏の振袖はレンタルされる事が多いか

夏の時期になりますと、多くの女性の方々は振袖を着用しています。
とりわけ花見大会の時期などは、それが着用されることは多いです。
ところで振り袖を着用するとなると、大きく分ければ2つ手段があります。
それを購入する選択肢もあれば、レンタルという2択になる訳です。
その2つの中では、後者の借りる手段が選ばれている傾向があります。
そもそも振り袖を購入する時には、それなりにまとまった費用が求められる事も多いです。
そして花見大会などのイベント目的で着用するのは、たいていは短期的なニーズです。
1週間も着用するケースは極めて少なく、1日限りというニーズも少なくありません。
それで大きな出費が生じるのも、やや重たく感じられる事もあります。
しかしレンタルというサービスなら、購入よりも費用を低く抑えられる訳です。
ですから夏に振袖を着用している女性は、購入というより借りている事が多いです。

ページトップへ