振袖のレンタルで自分を美しく~振袖レンタルランキング~

TOP > 振袖のレンタル > 振袖の歴史を知ろう

振袖の歴史を知ろう

 着物の中でも派手なイメージがあるのが振袖です。そして、振袖は若い女性が着ているイメージがあります。普段着るにはいささか、袖が長くて動きにくいかもしれません。それもあり、確かに晴れの舞台などに着ることが多いです。実際、振袖の歴史を見てみると振袖がよく着られるようになったのは江戸時代からだと言われています。
 そもそも、未婚や子供しか着ないというのには理由がありました。つまり、元服などを済ませた人がたもとを切って振りを縫いつけて袖丈一杯の留袖にすることが多かったからです。最近では振袖にそんな事情があったとは知らない人もいます。振袖は袖が長いのが特徴です。だけど、たもとを切れば留袖にもなるとは案外、便利な着物だったわけです。

 他にも歴史を探ってみると振袖は面白い沢山あります。大体、なんであんなに袖が長くなっていったのでしょう。袖が長いとひらひらしてちょっとオシャレに感じます。しかし、袖が長くても見た目以外に役立っているとは到底、思えません。着物の場合、たもとに何か入れる場合があります。だけど、振袖の場合はたもとが長すぎるので何か入れて持ち歩くわけにはいきません。
 結局、袖が長いからといって機能的な着物だと言えないということです。まず、最初から言ってしまえば袖が長いのが振袖、袖が短いのが留袖です。袖が見た目だけのモノなら留袖が圧倒的に着る人が多いでしょう。そこで人はなんで振袖を着るのでしょう。そんな疑問が出てくるのも当たり前だと思います。その点についても考えてみるのも面白いかもしれません。

 しかも、初期の振袖の長さは55cmくらいと考えようによってはそんなに長いモノではありませんでした。現在の振袖の長さは一般的に110cm程度となっています。つまり、2倍の長さになっています。なんでこんなに長くなっていったのでしょう。機能性のことを考えたら袖は短くなっていくはずです。ただ、長くなった理由は幾つかありどれが正しいかは断定できません。
 その一つは舞踏に関するモノです。舞台などで踊りを披露する際、より美しく見える効果があるからだそうです。それに江戸時代によく着られるようになった振袖は明治時代には未婚女性の正装として定着しました。理由は長い袖に恋愛のサインが秘められているからです。すでに婚姻している人には恋愛についてのメッセージなど必要ありません。なので、長い袖の着物を着なくてもいいということです。

ページトップへ