振袖のレンタルで自分を美しく~振袖レンタルランキング~

TOP > 振袖のレンタル > 振袖をレンタルしても、自分で着付けられない人に

振袖をレンタルしても、自分で着付けられない人に

振袖は、レンタルするだけならお店で好みのものをチョイスすれば大丈夫です。
しかし洋服とは違って、きちんと着用するための手間がかかります。
もちろん自分で着付けられるようなスキルを身につけている方は問題ありません。
しかしそれ以外の場合には、レンタルと共に、着付けやヘアメイクの手配も済ませておく必要があります。
こうした場合にオススメなのが、振袖のレンタルと着付けやヘアメイクをセットにしている店舗を利用する方法です。
店頭で着物を受け取ったら、そのまま着付けてもらい、ヘアメイクをしてもらいます。
お店によっては、前撮りの写真プランもセットで販売されていることがあります。
着物を借りるだけのプランよりも、当然割高にはなりますが、全てをワンストップでお願いできるので非常に手軽です。
特に和服に慣れていない方にとっては、利用しやすいと言えるでしょう。



振袖をレンタルしたいけど、近隣に店舗がない場合は

振袖のレンタルと言えば、和服専門店や貸衣装屋さんで手配してもらうのが一般的です。
近年では、写真撮影とセットにすることで、写真屋さんがレンタルを手掛けていることもあります。
どの場合にしても、近隣に店舗が存在していて、自分でそこに出向くことが基本となっています。
しかし残念ながら、こうした店舗が近隣にはないという方もいるでしょう。
こうした場合には、インターネットを活用するのがオススメです。
振袖のレンタルショップは、インターネット上にも数多く存在しています。
この場合、サイト上やデジタルカタログ上で、好みの着物を選び、注文することになります。
指定の日時に着物が配達されたら、イベント当日を目いっぱい楽しんでください。
その後脱いだ着物を、専用の箱に入れて送り返せば大丈夫です。
着物の配達日に合わせて、着付けしてくれる人を頼んでおくなど、注意するべき点もありますが、より気軽に和服の世界を楽しめます。



振袖をレンタルするなら知っておきたいこと

近年、成人式の振袖はレンタルで準備するという方が増えてきています。
着付けに必要な小物一式から、ヘアメイク、写真撮影など、さまざまなプランがあり、一括でお任せできるのは非常に魅力的です。
しかしだからこそ、「理想のものを見つけるためには、早めに行動する必要がある」と言われています。
近年の振袖活動は、一年以上前からスタートすると言われています。
18歳、19歳という多感な時期に、1年以上先に着用する振袖を決めるということは、決して簡単ではありません。
中には、「途中で趣味が変わってしまい、別の物を選びたい」ということもあるでしょう。
契約前に、きちんとキャンセル規定についても確認しておくと安心できます。
一定期間までであれば無料でキャンセルできるお店が多いですが、期間をどれぐらいに設定しているのかは、それぞれのショップによって異なります。
こうした項目も踏まえて、納得できるレンタルショップを見つけてください。

ページトップへ